忍者ブログ
中学高校の授業に役立つ科学ネタ~最新ニュースの話題から授業の小話まで~
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 これは生物を教える教員として見逃せない話題ですね。
 これまでさまざまな種のゲノム解析が進められ,病気の原因解明や対策などに役立てようとしてきましたが,ついにヒトの全遺伝情報(ゲノム)が公開されます!しかもこれまでと違い実名でです(誰の遺伝情報かも公開されるということ)。
 これは衝撃です!

 ヒトは約60兆個の細胞からできていると言われます。これらすべての細胞に核があり,その中にDNAが存在することは高校の生物でも出てきます。遺伝の分野は高校生物の中でもひとつの壁のようで,中にはなかなか理解できない生徒も出てきます。
 この分野は,遺伝子って何?例えばどんなものが遺伝するの?どんなものは遺伝しないのかな?という動機付けが非常に重要になってくると共に,ある種のゲームまたはパズルの感覚で遺伝のしくみを説明し,生徒に「意外と面白い!」と思わせるかどうかが鍵になります。動機付けがなく機械的に,または,動機付けだけで終わるというパターンによって,遺伝を苦手をしてしまう生徒が出てきてしまうことに注意しましょう。

 さて,ヒトのDNAは約60億個の塩基でできています。ヒトの体細胞は2倍体であるため,約30億個の塩基対でできていると言ってもいいでしょう。そのため,ヒトのゲノム解析はどちらか一方の約30億塩基対を調べればよいということになります(ここではA,G,C,Tに関する説明は省略します)。
 とはいえ,それだけの長い鎖を順番に調べていったのでは気が遠くなります。そこで制限酵素を用いて,DNAを特定の場所で切り,それぞれを解析した後つなげていくような調べ方をします。これについては教科書によってコラムのようにして触れているものもありますが,主に資料集などを用いている学校では,そちらを参考にするとよいと思います。

 さて,ヒトの遺伝子数(塩基数ではありません)は約10万と言われています。いったいどのような結果が公表されるのか,楽しみですね!

遺伝情報:ワトソン博士のゲノム公開へ 個人では初と米誌
2007年5月28日 毎日新聞社


 記事へのリンクについては毎日新聞社さんの承諾を得ています。
 また,リンク先の記事の著作権は,毎日新聞社さんにありますので,無断で転載などなさらぬように気をつけてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
理科男(りかお)
性別:
男性
職業:
理科教育アドバイザー
自己紹介:
元中学高校の理科教師。現在は理科教育のアドバイザーをしている。

このブログの更新は不定期です。授業で取り上げられそうなニュースが出たときなどを中心に週2~3回程度の更新になります。
メール
ご意見・感想,要望などがありましたら,気軽にメールしてくださいね!
最新CM
[07/14 桂 文雄]
[06/05 理科子]
[05/31 KY]
[03/10 みのじ]
[02/01 NONAME]
ブログ内検索
カテゴリー
バーコード
下のQRコードを読み取ると,携帯用のページがご覧いただけます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]