忍者ブログ
中学高校の授業に役立つ科学ネタ~最新ニュースの話題から授業の小話まで~
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近ニュースなどでリタリンの乱用が問題となっていることが取り上げられています。リタリンに関してマスコミで初めて取り上げられてから10年近く経ちますが,リタリンって一体何なのでしょうか?

 リタリンとは,普通の抗うつ薬の効き目が悪い時や,ナルコレプシー(病的過眠症または睡眠発作)時の治療に用いる薬品です。日本において,向精神薬は乱用性や有効性により3段階に分類されていますが,リタリンは最も危険性が高い第一種向精神薬に分類されています。
 リタリンの化合物名は塩酸メチルフェニデート(methylphenidate hydrochloride)といいます。リタリンとは商品名です。
 向精神薬と書きましたが,その作用は中枢神経興奮剤です。生物の教員ならその仕組みをご存知の方も多いと思いますが,シナプスからのドーパミンやノルアドレナリンの放出を促進し,再吸収を抑制する作用を持っています。
 リタリンは正しい処方によれば大変有効な薬品なのですが,今問題になっているのは,その乱用です。リタリンは一部のメディアの表現では覚醒剤に似た効果を持ち,常用性があるとされていますが,事実,リタリンには爽快感や多幸感が得られる場合があり,依存性もあるとされています。
 また,マニアなサイト(リタリンを楽しむような会?)では,その効果を倍増させる吸収方法まで公開しているくらいで,これはもはや社会問題であると言っても過言ではないでしょう。しかし,リタリンは決して違法な薬品ではなく,前述した通り,向精神薬としては非常に有効な場面もある薬品なのです。
 と,すると問題は医師の処方ということになります。安易に処方し販売することで,簡単にリタリンが手に入るようなことがあれば,これは問題です。リタリンを不正に売買し,麻薬取締法違反で逮捕された人も過去にいます。
 理科の教員ならよく分かっている「薬と毒は紙一重」の考え方。薬はやはり用法用量を守って正しく使うことが大切であることを,よく話しておくべきでしょう。ただし,授業で扱う場合は,くれぐれも生徒のリタリンに対する興味喚起に終結してしまうことがないようにしてください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
理科男(りかお)
性別:
男性
職業:
理科教育アドバイザー
自己紹介:
元中学高校の理科教師。現在は理科教育のアドバイザーをしている。

このブログの更新は不定期です。授業で取り上げられそうなニュースが出たときなどを中心に週2~3回程度の更新になります。
メール
ご意見・感想,要望などがありましたら,気軽にメールしてくださいね!
最新CM
[07/14 桂 文雄]
[06/05 理科子]
[05/31 KY]
[03/10 みのじ]
[02/01 NONAME]
ブログ内検索
カテゴリー
バーコード
下のQRコードを読み取ると,携帯用のページがご覧いただけます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]