忍者ブログ
中学高校の授業に役立つ科学ネタ~最新ニュースの話題から授業の小話まで~
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 夜空の星が最もきれいに見える季節は冬ですが,冬の夜空を観測するのはちょっと寒いですよね!夜空の観測にはやはり夏休みを利用するのがいいですね!
 今年最も活動が盛んだと予想される流星群は12月半ばのふたご座流星群ですが,2番目に活動が盛んだと予想されているのが,この時期のペルセウス座流星群です。

 ペルセウス座流星群は7月後半から8月後半にかけて見られる流星群で,今年は8月13日が極大日だとされています。幸い13日は月齢もほぼ0で,深夜には全く月が出ておらず,月光に邪魔されることなく流れ星を見つけることができます。
 極大日では1時間あたり50個程度が出現すると予想されていますから,10分程度観測しただけでもいくつか見ることができると思います。
 流星群の場合は放射点から放射状にいくつもの流れ星が見られます。ペルセウス座がわからない人はカシオペア座のWの文字のやや左側だとおもっていただければ結構です。
 しかし,流星群を観測するのにペルセウス座ばかり見ている必要はありません。夜空のどこにでも流れ星は出現します。ただ,方向がペルセウス座を放射点としたものだというだけのことです。
 ですから観測するときは夜空全体を眺めるようにするといいでしょう。

 都会ではとかく流星群の時期に夜空を見上げたりしますが,空気の澄んだ山奥に行きますと,全く流星群の時期とは関係なくても次々と流れていく星たちを見ることができます。流れ星は時期を問わず常に我々の頭に見られるのですが,少しでも光があると見られないと言うことです。
 ですから,流星群の時期をはずしても,山奥へキャンプなどに行かれたときは,どうぞ夜空を眺めてください。天の川が見られるほど澄んだ夜空ならば,流星群の時期でなくても流れ星をいくつも見ることができるでしょう。

 なお,ペルセウス座流星群の極大日が13日と書きましたが前後数日間つまり11日くらいから15日くらいまでは,同様に活動が盛んなので,天気の良い日は夜空を眺めてみましょう~!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
理科男(りかお)
性別:
男性
職業:
理科教育アドバイザー
自己紹介:
元中学高校の理科教師。現在は理科教育のアドバイザーをしている。

このブログの更新は不定期です。授業で取り上げられそうなニュースが出たときなどを中心に週2~3回程度の更新になります。
メール
ご意見・感想,要望などがありましたら,気軽にメールしてくださいね!
最新CM
[07/14 桂 文雄]
[06/05 理科子]
[05/31 KY]
[03/10 みのじ]
[02/01 NONAME]
ブログ内検索
カテゴリー
バーコード
下のQRコードを読み取ると,携帯用のページがご覧いただけます。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]